かけだし期待値マツ ブログ

あなたと自分の期待値少しだけ上乗せします

冬の寒さ対策の必需品 極暖

わたしが実際に長時間使用して、

防寒効果の高いハクキンカイロを紹介します。

 

既にご存知の方もいるかもしれませんが、

ずいぶん昔から存在する液体燃料を燃料とした半永久的なカイロです。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>

商品名

<<<<<<<<<<<<<<<<<

ハクキンカイロ

 

こちらは商品イメージのみですが、

実際の商品はおじさんのイラストが持っているシルバーの金属製の商品です。

 

上部分(クジャク模様が描かれている)が燃焼箇所で、

下部分が燃料の補充箇所です。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>

サイズ感

<<<<<<<<<<<<<<<<<

スタンダードでタバコの箱を一回り大きくしたくらいです。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>

使用燃料

<<<<<<<<<<<<<<<<<

NTベンジンか、エビスベンジンです。

もしくは、ZIPPOオイルでも代用できます。

ZIPPOオイルの方が割高です。

 

使用燃料の注意点

使用燃料によって多少ニオイが違うので、

もしかしたらニオイの好き嫌いで使用燃料が人によって違うかもしれません。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

使用期間

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

燃料の補充量により変わります

最大24時間微調整は無理ですが、多少の調整は可能です。

 

使用時の注意点

石油系の燃料を補充するため、燃料が揮発しやすいです。

暖かい部分で本体を保管する場合には、燃料を携帯して、

使用直前に補充する方が燃料が無駄にならずに済みます

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

発熱量について

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

こちらの商品はZIPPOライターなどの直接オイルに火をつけるタイプと異なり、

使用燃料の気化ガスとプラチナ触媒の化学反応で発熱する商品です。

 

発熱量については、商品にフリース素材の入れ物がついてきますが、

それに入れないと手で持つのが困難なくらい熱量が高いです。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

使い捨てカイロとの違い

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

使い捨てカイロの場合では、人肌に近い場所に貼り付けたり、

携帯することにより発熱します。

 

ハクキンカイロは、気化ガスとプラチナ触媒の化学反応で発熱しています。

 

そのため、ハクキンカイロは一度発熱すると、

商品自体を携帯しなくても燃料がなくなるまで発熱が継続します。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ハクキンカイロの使いにくい点

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

実際に使用して不都合に思うこと3点

・発熱時の気化ガスのニオイが独特でクサく感じる(屋外使用では大丈夫)

・燃料の補充量により発熱時間が異なるため、使用時間に合わせた調整が難しい

発熱終了後にのみ燃料の補充が可能

 発熱時間が長すぎると前もった補充ができない。

 

私的には、ニオイの部分が一番ネックな気がします。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

わたしの使用方法について

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

本体に付属している携帯用フリースケースに、

ストラップを使用するための生地がついています。

 

その部分にネックストラップを使用して、

首からぶら下げて使用しています。

 

※下のはネックストラップのイメージです。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>

ハクキンカイロの部品交換について

<<<<<<<<<<<<<<<<<

交換可能な部品が、以下2点です。

・プラチナ触媒部品(火口)

・脱脂綿

 

【交換期間】※ハクキンカイロ公式サイトから

プラチナ触媒部品(火口):約1〜2シーズン

脱脂綿:約5〜10年

 

ハクキンカイロの本体自体は、金属製のためほぼ半永久的に使用可能です。

※ただし、表面自体は手汗等で白サビのようなものが発生するようです。

→中古商品によく見られる状態

 

※脱脂綿は100均でも購入可能

※プラチナ触媒部品(火口)

 

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー

スタンダード NTベンジン セット

 

今回もここまで読んでいただきありがとうございます。

防寒対策の必需品、ハクキンカイロを実際に使用したレビューになります。

 

また、少しずつ使ってよかった商品を紹介していくので、

気が向いた時に来ていただけると嬉しいです。